埼玉片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
今回のプレゼントは17時までです
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<


所沢市のゴミの出し方をお調べでしょうか?
所沢市のホームページを見たけど、どこに掲載されているかわからない、掲載されているが情報がまとまっていないのでわかりにくい…。

そのような悩みを抱えている方は多くいらっしゃるようです。

そこで埼玉片付け110番では、所沢市内のゴミ収集について、誰にでもわかりやすいようまとめました。

今回紹介した内容で所沢市の家庭ゴミの出し方、分別方法まで全てがわかります。

実際に所沢市に連絡を取り、資料を集めた上でまとめました。

あなたにとってもわかりやすいよう、出せるゴミの種類・分別方法をお伝えします。

家庭ゴミの出し方を全てまとめているので、もう所沢市でゴミの出し方がわからないということはことはありません。

ぜひ参考にしてみてください。

所沢市で出せるゴミの種類

所沢市で出せるゴミは、「容器包装プラスチック」「ペットボトル」「びん・かん・スプレー缶」「新聞・雑誌・雑がみ・段ボール」「小型家電製品」「古着・古布」「燃やせるごみ」「破砕ごみ類・有害ごみ」です。

容器包装プラスチックとは?

プラマークのついている、商品が入っていた容器や包装は、容器包装プラスチックとして扱われています。

容器包装プラスチック一例
袋類・レジ袋、チューブ類、ボトル類、ラップ類、ラベル類、薬のシート、緩衝材類、トレー類、キャップ類

容器包装プラスチックの出し方

  • ごみ袋は、無色透明のものを使用してください(同様のレジ袋も可)
  • 残飯等は必ず取り除き、汚れをきれいに落としてから出してください。
    どうしても汚れの落ちないものは、「破砕ごみ類」に出してください。
  • ラップ等に付いたラベルは、そのままはがさずにお出しいただけます。

ペットボトルとは?

ラベルに識別マーク(ペットマーク)がついている透明なペットボトルは、ペットボトルとして扱われています。

ペットボトル一例
清涼飲料水、乳飲料、焼酎などの酒類、しょうゆのボトル

ペットボトルの出し方

  • ごみ袋は、無色透明(同様のレジ袋も可)のものを使用してください。
  • 色付きのペットボトルは「破砕ごみ類」に出してください。
  • キャップとラベルをはずし、ボトルだけを出してください。
  • ペットボトルは、中を水ですすぎ、つぶしてから出してください。
  • はずしたプラスチック製のキャップとラベルは、「プラスチック」で出してください。

びん・かん・スプレー缶とは?

びん・かん・スプレー缶一例
アルミ缶、スチール缶、スプレー缶、お菓子の缶、ミルク缶、カセットボンベ、ガラスびん(ジャム、栄養ドリンク、ジュース、一升瓶、化粧品のびん等)

びん・かん・スプレー缶の出し方

  • ごみ袋は、無色透明(同様のレジ袋も可)のものを使用してください。
  • 「びん」と「かん」は、中を軽く水洗いしてください。
  • 「スプレー缶」は中身を全部使い切って出してください。
  • 「スプレー缶」は中身をどうしても使い切れない場合には、別の袋に入れ、「中身あり」とごみ袋に書いて出してください。
  • スプレー缶の穴開けは、特に必要ございません。そのままお出しください。
  • びんのふたは、プラスチック製は「プラスチック」、金属製は「破砕ごみ類」へ出してください。

新聞・雑誌・雑がみ・段ボールとは?

新聞・雑誌・雑がみ・段ボールの出し方

  • 品目別に別々の車両で収集しますので、必ず朝8時30分までに出してください。
  • 雨天でも収集します。
  • 集団資源回収を実施している地域では、集団資源回収を優先にしていただきますようご協力をお願いいたします。
【新聞】

  • 新聞(チラシを含む)は、ひもで十字にしばるか、紙製の新聞整理袋を使って出してください。
  • ビニール製の新聞整理袋は使わないでください。
  • 雑誌・雑がみや段ボールなど、ほかの品目とは分けて集積所に置いてください。
【雑誌・雑がみ】

  • 雑誌(本、週刊誌、単行本など)は、ひもでしばって出してください。
  • 紙製の箱、ボール紙などの雑がみは、紙袋に入れ、ひもでしばって出してください。また、雑誌の中にはさんで出すこともできます。
  • 雑誌の付録、ビニール製のカバー、シール等の、紙以外の付属品は取り除いてください。
  • しばるひもは、紙ひも・プラスチックひもどちらでも構いません。
【段ボール】

  • 段ボールは、50センチメートル程度に小さく折りたたんで、崩れないようにひもでしばって出してください。
  • 引越しなどで一度に大量の段ボールを処分する場合は、クリーンセンターや東所沢エコステーションへ自己搬入してください。
  • しばるひもは、紙ひも・プラスチックひもどちらでも構いません。

小型家電製品とは?

小型家電製品一例
電気ポット、掃除機、炊飯器、ビデオデッキ、トースター、ラジカセ、扇風機、プリンター、ゲーム機、電気や電池を使うおもちゃ、電話機、リモコン、コード類、照明器具、電子レンジ(50センチメートル未満)、オーブンレンジ(50センチメートル未満)

小型家電製品の出し方

  • ごみ袋は、無色透明(同様のレジ袋も可)のものを使用してください。
  • 比較的大きなものは、袋に入れず、そのまま集積所に出すことができます。
  • 電池を使う「小型家電製品」は、電池を抜いてから出してください。抜いた乾電池は「有害ごみ」に出してください。また、ボタン電池や充電池は販売店等の回収ボックスをご利用ください。
  • 照明器具は、蛍光管や電球をはずしてから出してください。

古着・古布とは?

古着・古布一例
衣類、ダウンジャケット、コート、セーター、革製衣類、ネクタイ、毛布、のれん

古着・古布の出し方

  • ごみ袋は、無色透明または白色半透明(同様のレジ袋も可)のものを使用してください。
  • 雨の日は出さないでください!次回以降の収集日をご利用ください。
  • 汚れを落として、乾燥させてから袋に入れて出してください。
  • ボタン・ファスナーは外さないでください。
「古着・古布」に出せないもの
ふとん、枕、おむつカバー、マット(玄関、キッチン用等)、じゅうたん、ぬいぐるみ、ペット用衣類、綿入り衣類

燃やせるごみとは?

燃やせるごみ一例
台所の生ごみ(よく水を切ってから)、貝殻、どうしてもリサイクルできない紙くず、どうしてもリサイクルできない衣類、どうしてもリサイクルできない古布、どうしてもリサイクルできない毛布やシーツやカーテン、紙おむつ、生理用品、座布団類(中が綿のもの)解体した木製家具(長さ90センチメートル、幅45センチメートル、厚さ3センチメートルまで)や剪定した枝(直径5センチメートル、長さ90センチメートルまで)、ペット用のトイレ砂、灰、食用油、バンソウコウ、湿布薬、使い捨てカイロ、乾燥剤、保冷剤、酒パック等の紙容器

燃やせるごみの出し方

  • ごみ袋は、無色透明もしくは白色半透明(同様のレジ袋も可)のものを使用してください。
  • 紙おむつやペット用のトイレ砂は、汚物は取り除きトイレへ。
  • 解体した木製家具と剪定した枝を一度に出せるのは、2~3束程度までです。

破砕ごみ類・有害ごみとは?

破砕ごみ類一例
容器包装以外のプラスチック製品(くし、定規、コップ、スプーン、フォーク、バケツ、植木鉢、プランター、ざる、ボール、ハンガー、ごみ箱、単体の衣装ケース、ポリタンク等)、ゴム製品、なべ、フライパン、アルミホイル、ガステーブル、陶磁器やガラス、CD、DVD、ビデオテープ、カセットテープ、MD等(ケースも含む)、鞄などの革製品(合成皮革や塩ビ製品を含む)、くつ、スポンジ(ウレタン製)、ぬいぐるみ、おもちゃ(電気や電池を使わないもの)、雨具、大型のかん(18リットル)、スーツケース、ベビー用ラックチェア、テレビのアンテナ類、ゴルフセット(バッグも含む)、金属製のびんのふた、電球
有害ごみ一例
蛍光管、乾電池、水銀体温計等

破砕ごみ類・有害ごみの出し方

  • ごみ袋は、無色透明(同様のレジ袋も可)のものを使用してください。
  • 電気ポット、掃除機、炊飯器などの「小型家電製品」は、電池を抜いてから「小型家電製品」の日に出してください。
  • 収集車両の火災事故を防止するため、ライターは別袋で、スプレー缶は「びん・かん・スプレー缶」の日に出してください。
  • ガラスなどで割れたものは、新聞紙等でくるみ、袋に赤色マジックで「キケン」と明記してください。
  • 化粧品のびんは「びん・かん・スプレー缶」の日に出してください。
  • 蛍光管は、買った時のケースに入れて出してください。ケースがない場合は新聞紙等でくるみ、ガムテープで巻いてから出してください。
  • ボタン型電池や充電池式電池は販売店等に引取りを依頼してください。
  • 水銀体温計等は、ケースに入れて出してください。
  • 消火器は、未使用のものは透明のビニール袋に「未使用」と明記し、袋の口をしっかりとしばって出してください。

粗大ごみはどうする?

所沢市の粗大ごみとは?

粗大ごみとは、一辺の長さがおおむね50センチメートル以上の大型耐久消費財の廃棄物です。
※一辺の長さが50センチメートル以上のものであっても、粗大ごみにならないものもありますので、粗大ごみ受付センターへご確認ください。

粗大ごみの出し方

粗大ごみの出し方は、別途まとめておりますので合わせてお読みください。

困ったときのお問い合わせ先

あなたのお住まいの地域のゴミ収集日がよくわからない、直接電話で確認したい、などがありましたら以下の連絡先にご連絡ください。

所沢市 環境クリーン部 資源循環推進課

電話 04-2998-9146
所在地 〒359-8501 所沢市並木一丁目1番地の1 高層棟5階
開庁時間 月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分
(祝休日・年末年始〔12月29日から1月3日〕を除く)
※当サイトの情報について
当サイト上の掲載情報については、慎重に作成、管理しますが、すべての情報の正確性および完全性を
保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

最後に

所沢市のゴミ収集についてお分かりいただけたでしょうか?

情報が間違っている、こんな情報も掲載して欲しい、などご要望・ご質問ありましたらコメントください。

片付け110番が調査した上で、わかりやすいよう情報をまとめます。

もし、自治体でゴミ出しが難しいと感じられましたら、お気軽に片付け110番までお問い合わせください。

さまざまな不用品をスピーディーに回収させていただきます!